本当にいいの?大腸菌ゼロの我が国の水道水

今や水道水をそのまま飲む家庭よりも浄水器やミネラルウォーターを購入する家庭の方が多くなってきています。都会なら水道水はまずいけど、田舎なら水道水もカルキ臭くないし大丈夫と考える人もまだいらっしゃいます。しかし水道水はほんとに安全できれいな水なのでしょうか?

よく海外に行くと、水道水の水は飲まないようにと注意を受けますよね。それに比べて日本は蛇口から出てくる水をそのまま飲料水として飲むことができ、海外に行く度に「我が国は最高!」なんて思ってしまうものです。

これは一般的に知られていることですが、水道水には塩素が多く含まれています。塩素は殺菌目的として使用されています。実は日本の水道水には世界基準と比べるとはるかに多い塩素が使われているのです。

WHOの基準では水道水中の大腸菌群の混入は100回検査して5回以内なら合格に対して日本の基準は検出なし、つまり大腸菌がゼロでなければいけません。日本の水道水はたくさんの塩素を使いきれいな水にしているのです。

では大量に塩素が含まれている水道水は安全と言えるのでしょうか?

塩素を多く含んだ水道水は私たちの体内で共生する細菌類の減少を招きます。腸には2万種、1000兆個もの腸内細菌が住み着き免疫機能の働きを助けています。私たちの免疫機能は腸内フローラのよって活性化されています。様々な腸内フローラが腸管全体に広がっているほど免疫力が高まるのです。しかし、私たちに必要な腸内フローラは、水道水を飲むことによってその存在が脅かされてしまいます。水道水に含まれる塩素が強力な殺菌力を発揮し、腸内フローラを荒らしてしまうのです。

また大腸菌にも重要な役割があり、腸内に入りこんだ有害な病原菌の排除や食物繊維の分解、ビタミン類の合成、大便の形成などの働きがあります。

水道水に含まれる塩素は強力な殺菌力を発揮して腸内フローラを破壊し、免疫力を弱めてしまうのです。安全の為に大量に投与している塩素が私たちの健康を損なわせる結果となってしまっているのです。